エクストレイルとフォレスターとの比較

エクストレイルのライバルというとやはりスバルのフォレスターですね。

実際の販売現場でも真っ向から競合している2車ですが、そのキャラクターはちょっと違います。

この両車を見くらべながら、その特徴や違いと整理してみます。

オンロード走行性能

シャシー設計が新しいこともあって揺れ返しの抑制がゆったりとしたストローク感など、フットワークの洗練度でもフォレスターが優れているのですが、運転のしやすさや快適性で決定的となるほどの差はない。

気になるのは動力性能で、+500ccのフォレスターは山岳路や高速での一枚上手の余裕があり、それが走りのプレミアム感も高めています。

ハイブリッド車同士ではエクストレイルに分がありますが、それを含めてもフォレスター2.5L車が上出来。

オフロード走行性能

荒れた林道レベルならエクストレイルは苦もなく走りきる。

エクストレイルで踏破が怪しくなるのはトライアル志向のオフロード、つまりアウトドアホビーを逸脱した領域である。

フォレスターも本格オフローダーには及ばないが、泥沼路にも対応したXモードの採用もあって、

入門レベルのオフロードなら対応可能です。

ただし、頻繁なオフロード走行を前提としない乗用車の基本設計では、耐久性に不安があり本格オフローダーの代替にはなりません。

まとめ

エクストレイルはアウトドアホビー向けワゴンとして誕生しました。

現行のエクストレイルもファミリー&アウトドアホビーのスペシャリスト的な存在である。

一方フォレスターはスバルのラインナップではアウトドア志向が最も強いが、どちらかと言えばオールロード・オールシーズンツアラーというべきモデルです。

オン&ラフロードでの快適と安心がエクストレイルに対する大きなアドバンテージになります。

エクストレイル 値引き 相場

スバルインプレッサスポーツ

今回のモデルで5代目になるインプレッサスポーツ。

新世代プラットフォームを採用して操安性を向上させて、実に自然なハンドリングを実現させています。

全車アイサイトに加えて歩行者保護エアバッグを搭載して、安全性能は世界でもトップクラスです。

ただ、この頃に起きているスバルの連日の不祥事で、若干ながらインプレッサの販売台数も落ちています。

インプレッサのエンジン

1600ccと2000ccの水平対向エンジンを設定し、それぞれFFと4WDから選べる。

トランスミッションはCVTに統一されましたが、F1にも装備されているパドルシフトは全グレードに装備されています。

特に2000ccモデルはスポーティ感覚が高まってドライブが好きな人に向いているモデルです。

アイサイト

アイサイトは、追従型クルーズコントロールやアクティブレーンキープなどがセットで、長距離での疲労軽減が期待できるツールです。

インプレッサスポーツ 値引き

スバルフォレスター SUV

フォレスターは水平対向エンジンとスバル独自の4WDを搭載するSUVです。

プラットフォームhあ先代インプレッサと共通ですからシティ派SUVに位置付けられますが、前輪駆動の2WDの設定はありません。

4WDのみになりますので、駆動方式の位置付けがオフロードSUVに近いです。

ボディサイズを売れ筋のグレードで見ると、全長が4610mm、全幅1795mmになり、全幅を1800mm以下に抑えられたことが特徴です。

外観は水平基調で視界が優れて最小回転半径も5.3mに収まるから混雑した街中でも運転しやすい。

最低地上高220mmを」確保して悪路のデコボコを乗り越えやすいが、床は低めに抑えられていて乗り降り性が良い。

前後席ともに床と座面の間隔が適度だから腰が落ち込みにくく、後席の足元空間も広い。

水平対向エンジンは重心を下げられるので、全高が1700mmを超えるSUVでありながら、カーブを曲がると気でも腰高な印象がありません。

操舵に対する反応は適度で鈍さを感じさせず、なおかつ後席設置性が高いから、危険を回避する状況を含めて走行安定性が良い。

4WDシステムにXモードを設けたことも注目点だろう。

このモードに入れるとホイールが空転したときには4輪のブレーキを即座に独立制御してグリップを回復させる。

外観の雰囲気などは、少し地味に感じますが、走行鑑定性が優れて居住性も快適。

さまざまな機能をバランスよく高めており、インプレッサなどを同じくスバル車のよさを実感できる飽きずに長く乗れるSUVと言えます。

動力性能を高めたいならe-BOXERを検討するとよいでしょう。

装備の違いを補正して価格を比較するとe-BOXERはベースグレードと比較して約30万円の価格上昇に抑えています。

また、アイサイトVER3については歩行者を検知できる精度の高い緊急自動ブレーキに加えて車間距離を自動制御するクルーズコントロール機能も進化しています。

先行車との車間距離を自動調節しながら追従走行ができるため、ドライバーはペダル操作から解放されます。

アドバンスセイフティーパッケージには、アダプティブドライビングビームを採用しています。

ハイビーム走行時に対向車や先行車を検知すると、ハイブーム状態を作動させて照射範囲を調節し、相手車両の眩感を抑えます。

フォレスターのアイサイト装着車の事故率は、非装着車と比べると約60%減少していると言います。

また、アイサイトのような衝突被害軽減ブレーキを装着したクルマは、自動車保険料を10%割引くことも検討されています。

この他、数年後の査定額をアップさせる効果もあります。

もっとも大切なことは安全性の向上ですが、価格の上昇もある程度までは補えます。

 

フォレスター 値引き 相場

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !